MENU
フロンティアライト
カメラと写真好きのフツーの会社員。好きすぎてこれで生きていけないか妄想中。ときどき新旧デジタルグッズのレビューなども織り交ぜてお届けします。

(フォト)LOMO LC-A ショット集(クロスプロセス編)

当ページのリンクには広告が含まれています。

LOMO_cpS14.jpg
LOMO LC-A (dupe by Nikon Z6)

目次

疑似クロスプロセス写真を一挙公開

前回に引き続き、LOMO LC-Aで撮影したショットにLightroomで疑似クロスプロセス処理を施した写真を投下しましょう。

あわせて読みたい
LOMO LC-A ◆レビュー 実写編◆ 【いたって普通に写るキングオブトイカメラ】 LOMO LC-Aの実写レポートをお届けしよう。LOMOといえばリバーサルフィルムを使ったクロスプロセス写真の印象が強いが、今...

LOMO_cpS12.jpg
LOMO LC-A (dupe by Nikon Z6)


Lightroomには最初からクロスプロセスのプリセットがあるので、そこをクリックしてしまえば一気にクロスプロセス風写真になります。少しコントラストを上げて、周辺減光処理をすればこの通り。


LOMO_cpS13.jpg
LOMO LC-A (dupe by Nikon Z6)


手軽に出来過ぎてしまうのでめったにこんな絵作りはしないのですが、元がLOMOで撮った写真ならこれをやってしまっても大丈夫でしょう。いやむしろこうでもしないと、わざわざLOMOで撮る意味がありません。


LOMO_cpS05.jpg
LOMO LC-A (dupe by Nikon Z6)


誤解を恐れずに言えば、LOMO LC-Aというカメラはコンパクトだけれども、決して使いやすくもないし、写りがいいわけでもないし、かっこいいわけでもなんでもないからです。日本製のコンパクトカメラのほうが100倍良く写ります。にも関わらず、今でも世界中から一定の支持を受けているのは、ロシア生まれという経緯と、80年代ムーブメントの名残りでしょう。


LOMO_cpS06.jpg
LOMO LC-A (dupe by Nikon Z6)


写真というものに何を求めるかは人それぞれでしょうが、私だったらピンボケだったり手振れをしていたらがっかりしますし、偶然良く写っていた、偶然いい感じだったと言われてもあまり嬉しく思えません。しかしその偶然性が面白いんだという意見を否定はしませんから、そういう感性を持つ方がこのカメラを絶賛することがあっても、理解できないことはありません。


LOMO_cpS09.jpg
LOMO LC-A (dupe by Nikon Z6)


でもまあたまには、こういうアート系というか、ローファイ系の絵を作ってみるのも楽しいものです。いつかそのうち、一度はリバーサルフィルムを使って本当のクロスプロセス現像をしてみたいですね。


LOMO_cp00.jpg

あわせて読みたい
LOMO LC-A ◆レビュー 外観編◆ 【ロシア産トイカメラの雄、LOMO LC-A】 LOMO LC-Aは、1984年旧ソ連で誕生したコンパクトフィルムカメラ。現在ではトイカメラの位置付けにあるが、80年代当時ソ連や同じ...
あわせて読みたい
LOMO LC-A+ ◆レビュー 実写編◆ LOMO LC-A+ (dupe by Nikon Z6) 【ロシア発LOMO現行機「LC-A+」】 LOMO LC-A+は、1984年旧ソ連で誕生し世界的なLOMOムーブメントを起こしたコンパクトフィルムカメラ「L...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次